LUCY'S Rsmile

パッチワークキルト大好き!日々ちくちくを楽しんでいます♪
TOP ≫ CATEGORY ≫ 「うちのごはん」
CATEGORY ≫ 「うちのごはん」
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

さといも




「さといも」

どう食べますか?


私の実母がよく、ただ茹でるだけでだしてくれました。

食べる人が皮を剥いてただシンプルに塩を
パラパラして頂きます。



結婚してから作った事(ただ茹でるだけですが(^_^;))
無かったのかな~

先日、小さ目の丁度良いものが売っていたので
買ってきて、茹でて食卓に出した所、

主人が・・・

「なにこれ、このまま食べろってこと?」

という質問。

「え??ただ剥いて塩をかけて食べるの」
「やった事なかった??」

という会話。
家族全員不審げな雰囲気の中
それぞれ剥いてパクっ!とお口に入れた途端

「美味しい~~!」

良かった。
美味しよね。
さといもの自然の甘みがいいよね。


ただ、剥くのが面倒。
べとべとするからね。
でもちょっと剥いて指先でつまむと、
つるんと剥ける。

なかなか初心者には難しいよう。


中一の次男は、芋系大好きな芋男。
芋と牛乳で育ってきたと言って過言ではないほど。

その芋男も絶賛。

「剥くのが面倒だけど食べたい」

というので、剥いてやるとポコポコお口に入れてました。


注意、マザコンでは有りませんよ。

(爆)



スポンサーサイト

土鍋で・・・

最近、土鍋がほぼ毎日食卓に上がります。


寒いですよね。
鍋も色々種類が有るけれど、それぞれの苦手を考えると、
定番の水炊き、しょう油、みそに限られてくるし、
中身を替えても味は同じで飽きちゃいます。

キムチや牛乳鍋もやりたいけれど、「辛いのダメ!」「牛乳嫌い!」
となってしまうのです。


なので、最近は、一品鍋で仕上げて出す事にしています。
ル・クルーゼも有りますが、
やっぱり土鍋です。

昨日は、うどんを熱々のお湯で茹でて、そのまま食卓へ・・・

つけ汁は、定番の出し汁に鶏もを一口大に切ったものを入れて
少し煮詰めて、これも小さな土鍋に入れてたので、
よく言う、「鴨汁」です。

昨日は大小二つの土鍋が並びました。

でも、さすがに寒い!!食べる頃には湯気はかろうじて立っているものの
結構冷めていました。

東北地方の囲炉裏端での食事の気持ちが判りますわ~~~。



しかし・・・寒っ!!



梅ワインの梅

コピー ~ P1130377


昨年春に漬けた梅ワインを秋に開けて
ちょびちょび飲んで来ましたが、
悲しくも、一空けてしまいました。

(漬けた時の日記はコチラ→ 

お正月には実家へ持って行った所、
お酒好きな義姉も

「美味しい♪」

と気に入ってくれました。


そして、残った赤ワインと氷砂糖で使っている梅ですが、
今、主人がめっちゃ宝物のようにして、
1つずつ楽しんで食べているのです~~。

思えば、知らずうちに私が、梅酒用ではなく、
梅干を漬け用の少しお値段の高い梅で漬けたんです。

それと、赤ワインの旨味と合わさって、
トロ~リまるでお菓子のようなワイン梅になったようです。

買ってから
「もしや、梅酒には安い方の梅で良かったのかしら・・・」
と失敗モードだったので、

「失敗は成功のもと!」

となった訳です。

梅ワイン、お勧めですよ~~
二度美味しい、素晴らしい美味しさです。

今年は3瓶位漬けたいな。と思っていま~す♪




てりやきチキン

「てりやきチキン」をふんわり照り照りに作るコツ・・・

TVでやってた。はなまるだったかな~~
作ってみたら大好評!!

一口大に切った鶏ももで作ります。






コツ① 下味10分。しょうゆ、酒、みりんが、2:2:3

コツ② ①をザルにあげ、調味液を切る。

コツ③ 小麦粉をまぶす

コツ④ 強火で片面に焦げ目が付いたら、裏に返し、中火で中迄火を通す

コツ⑤ 火が通った時点で、②の調味液を加え、肉に絡める。






ふんわり、照り照りな・・・てりやきチキンの完成です。。。



メモ代わりに書いてみました。
我が家の定番メニューに加わりました。


お料理って面白い。

ちょっとしたコツなんですよね。



結婚、20周年。
やっと、少し料理が判って来た今日この頃です。。。



ちなみに・・・一枚で焼く時は小麦粉はまぶさないそうです。。。

初夏ですね!梅酒を漬けました。



店頭に青梅が並ぶ季節になりましたね。
我が家では、2瓶漬けました。




コピー ~ P6090210




私の晩酌は梅酒1杯。

最近のお腹回りのお肉は、多分これのせいも有ると思います。
勿論食欲も凄いですけどね・・・。


普段は、豪快にスーパーで1.8ℓパックを買っていて、
自分で漬けたのは久しぶりです。

ここ数年は、たまに、義母や、実母が

「漬けといたよ~」

と、帰省の際声を掛けてくれるので頂いたりもしていました。



甘めが好きです。
やっぱり自分で漬けるのは美味しいんですよね。

しかし、毎年この時期、青梅や氷砂糖がスーパーで並んでいても
「漬けたいな~~」
と思いながら数週間・・・
結局時期をはずしていました。


今回久しぶりに漬けるきっかけになったのは、
パート先の奥さん。

昨年、

「梅ワインを初めて漬けたから飲んでみて!」

とご馳走してくれました。

それが、美味しい事♪♪

「来年は私も漬けたい!!」

とずっと思って来たので今回は相変らずバタバタなお買い物の中、
入店後、すぐさまカゴに、

南高梅2パック、氷砂糖2パック、赤ワイン・ホワイトリカー角1.8ℓ

を、ドン!ドン!!

と入れて颯爽と買って来たのでした。



6ヶ月で飲めますが、
1~3年すると美味しいといいますよね・・・。


以前2年越し位の梅酒を義母からご馳走になった事が有ります。
とろ~っとしていて、口当たりがまろやかだったな~。



「この子達はどの位熟成しようかしら・・・
でも、この冬飲みたい!!」


「ま、ひとまず6ヶ月ね・・・」


な~んて思いながら、今は、この綺麗なビンを眺めているのでした。


吹き抜けから入る光が当たると益々輝いて見えて、
とっても癒されます。





昨年、梅ワインは、奥さんから沢山頂いたので、
お友達との持ち寄り会に少し持って行ったことが有りました。

友達は、綺麗なカットが入ったアンティーク風?(本物のアンティークかな?)
ワンショットグラスに入れてくれて皆で、食前酒として頂きました。

とってもお洒落だし、そのグラスを持ち口に持って行く瞬間、
普段のバタバタな生活から一瞬離れた感じでとっても気分が良かったんです。



この冬は、この梅ワインをワンショットグラスに入れて頂くべく、
これから、
(リーズナブル!?)なワンショットグラスを探したいな
と思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。