LUCY'S Rsmile

パッチワークキルト大好き!日々ちくちくを楽しんでいます♪
TOPスポンサー広告 ≫ 大切な先生との再会TOP日々の出来事 ≫ 大切な先生との再会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

大切な先生との再会

車で3時間は掛かる実家へ帰省してきました。

遠い・・・

もう少し近くに住みたかった。


と、母も良く言う。



結婚して直ぐに、今の土地に住み付き、早19年。
住み易く、住み着いてしまった・・・

のは、夫婦で言えば私だけ?

ちなみに主人は、「良いけれど、物凄い拘りは無い」ご様子。




何時もなら、先日一緒に鎌倉巡りをした友人達とのおしゃべり会
を楽しみにしているのですが、

この夏は久しぶり。。。10年ぶり!?
私の人生に欠かす事の出来ない、
中学時代の先生に会いに行く!と決めていました。

我が息子の部活の休みが、ギリギリ迄ハッキリしない中

日曜日からの帰省が決まったのが、
木曜日。

いきなりお電話差し上げるのも失礼なので、
金曜日に、速達で帰省の知らせをし、

日曜日到着して直ぐに電話をしてみた・・・・。


「今回は会えそうよ!」


というお変り無い張りの有るお声に、
私も中学生にタイムスリップした気分。

中学2・3年に担任を持って頂いた美術女教師です。


私が中学一年・・・
私は小さい大人の生意気盛り。
先生は子育てが大体落ち着いた頃改めて勉強して始めた
新米教師。

美術の担当をして下さった先生と意気投合!?(←私勝手に)
思わず

「先生のクラスになりたい!!」

とアピール。
その時は、

「ふふふ・・・先生ったらしてくれたのね!」

と内心思っていた私ですが、
今、お聞きすると偶然で、
クラスのメンバーに入っている私の名前を見て
「しめしめ・・・と思ったよ。」
と話してくれた。



月曜日にお邪魔する約束になった。




10年間、愛するご主人の介護と懸命に向き合い、
2年程前にお別れをした先生。

心は二人の素敵な息子さんに支えられながら、ご自宅でおひとりの生活。

苦しい別れを乗り越えた先生は、
ご主人が設計され、お二人の色に染められたご自宅で
ご主人の思い出を胸に・・・・しかししっかりと生きていらっしゃる
そんな印象でした。

15年前にご主人の夢であった別荘を浅間山に建て、
ご夫婦で別荘ライフも楽しんでいらしたのですが、

今ではおひとり。
今回も調度帰って来た所だったらしい。

たまには油絵を描き、時には、近くの別荘友達と
食事をしたりしながら楽しんでいるという。
そこにご主人が居れば、何より・・・と思う。


短大卒業の時は、「袴」をお借りして、
晴れて卒業した。

長男が産まれてよちよちの頃に訪問した時は、
素敵なご主人に大歓迎して頂き、本当に楽しい時間を
過ごさせて頂いた。


卒業して、そう何度もお会い出来ては居ないが、
お手紙やお年賀状、欠かす事のない絆が出来ている。


「もう、ひとりになり、やっと自由になったから
これからは何時でも来てね」



ご主人の写真や、今では、同じ美術教師の
息子さんの素晴らしい日本画が飾られた、先生の大切なお宅に
これからは定期的に訪問させてもらおう。と
改めて思う。


話も昔話から始まり、ご主人とのご夫婦、そして息子さん達の話し。
そして、美術の話。
私自身美術自体に直接かかわりは今は無いものの、パッチワークも
色や形が大切なだけに、先生のお話はとっても興味深い物ばかり・・・

そんな事を仕事にもしている私を先生は喜んでくださいます。

そして、我が家の長男は美術好き。
何かの深い縁をまたまた感じてしまいます。




2010年・・・


切りの良い年に先生にお会い出来、
何か私が目指す指針みたいな物も得られた気がしました。

忘れられない先生との再会。そして、先生とのこれからも続くお付き合いの
スタート年です。



ひまわり
元気に太陽に向かう向日葵 

コピー ~ 扇風機
昔、私もこんな風にしたっけ・・・
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。